スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結:嘘つき姫と竜の騎士

完結:嘘つき姫と竜の騎士
■作:洸海様
■掲載サイト:Windy Hill

■story(サイト様より一部抜粋)

  旅芸人のニアナは、訳あって一人放浪中。
  偶然出会った"共和国の文化委員"だという青年と妙な縁ができ、
  古美術品調査の仕事を手伝うことになるが……。

  芝居上手な少女が小国の王家を巡る陰謀に、口先三寸で挑む物語。


■以下感想
  軽快なテンポが魅力です。
  主人公のニアナと謎の青年(笑)ネイシスのやりとりが
  面白かった!

  ニアナの演技の巧さにワタクシも脱帽です。
  彼女は色々と深い人物のようなのですが、もし今後続きがあるのなら、
  ぜひそのあたりも深く知りたいな、と感じました。

  一方のネイシスも、"共和国の文化委員"にしては怪しいだろお前!みたいな
  雰囲気を醸し出す醸し出す 笑。
  最後の最後に明かされる彼のもうひとつの正体まで、ニアナと一緒に
  超胡散臭く怪しんでおりました 笑。
 
  こちら、同サイト様内の「灰色の王国」と舞台が一緒だそうですが、
  単独の物語として十分楽しめました。

  古美術品の調査のはずがいつの間にか国家を巡る陰謀に片足突っ込んでしまった
  この二人。
  得意の芝居とハッタリで、ニアナ(+ネイシス)が挑むこの勝負。
  果たして勝敗はいかに……?

 「嘘つき姫と竜の騎士」、皆さまぜひぜひご一読くださいませ。


 空は飛べなかった。でも、落ちてすべてが終わったわけじゃない。
 ――夢はまだ、そこにある。

 胸の奥に宿った光が、優しく瞬いた。




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
いらっしゃいませ。 最終更新日>>2017.02.26
*Recent articles*
*Recent comments*
皆さまからの拍手コメ・コメントetc.の返信です。ありがたや~
*Categories*
*Profile*

藤原コウ

Author:藤原コウ
当ブログへようこそ!

*管理人*
 長らくの放置状態に戦慄を
 覚えている社会人。
 もはや忘れ去られているであろう
 拙宅ですが、歳月を経てぼちぼち
 更新していく所存。
 

*管理人へのメール*

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
*Links*
管理人おススメ、オンノベ関連サイト様。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。