スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結:憂色の檻

完結:憂色の檻
■作:小株様
■掲載サイト:たぶんWeb小説

■story(サイト様より一部拝借)

  突然異世界へ召喚された、渡辺飛鳥。
  目覚めたその世界で彼女は、世界中の生き物が忌避し恐れる化け物へ、
  身代わりとして生贄にされるという。

  しかし、荒野に捨置かれた飛鳥の前に現れたのは、ただの人。
 『黒』と呼ばれる彼と、一行の旅に同行することになった飛鳥だが……。


■以下感想
 
  シリアスで重厚な異世界ファンタジー。
  緻密な世界設定と、人の懸命さだけではなく醜悪さまで描かれたお話でした。
 
  いやー、『黒』がね、いかにその世界の人々に恐れられているのか
  主人公に実感させるまでの流れが秀逸。

  彼の存在は個人の人格云々にかかわらず、その世界の人々にとって、
  本能的に忌避し嫌悪するものなんですね。
  逆に世界にとって「異分子」の主人公には、その畏怖感がわからないわけです。
  絶対の孤独の中で今まで生きてきた『黒』は、本当に強い。
  彼が飛鳥に対してだけ、普通の人間のように笑い軽口を叩く姿に泣けました。
  せつないよー。だれかこの子を幸せにしてっっ(近所のおばちゃん風)!

  定められた檻の中で、懸命に足掻き信念を貫く姿は潔い。
  そんな『黒』と、現代から彼への『生贄』として喚ばれた飛鳥。
  二人がどのように距離を近づけ、何を想い、どんな結末を迎えたか。
  (番外編の ever after は必読だと思いました!)
 
  気になった方はぜひぜひ小株様のもとへ~~!

 
 誰でもない、君を想うことで。 
 あと少し。もう少しだけ足掻いていこう。

 「ありがとう。楽しかった。だから、――」



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
いらっしゃいませ。 最終更新日>>2017.02.26
*Recent articles*
*Recent comments*
皆さまからの拍手コメ・コメントetc.の返信です。ありがたや~
*Categories*
*Profile*

藤原コウ

Author:藤原コウ
当ブログへようこそ!

*管理人*
 長らくの放置状態に戦慄を
 覚えている社会人。
 もはや忘れ去られているであろう
 拙宅ですが、歳月を経てぼちぼち
 更新していく所存。
 

*管理人へのメール*

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
*Links*
管理人おススメ、オンノベ関連サイト様。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。