スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結:ダスティ・ミラー

完結:ダスティ・ミラー
■作:菱川 あさこ様
■掲載サイト:『小説家になろう』様内「ダスティ・ミラー」TOP

■story(一部作様より拝借)

  私はメイド。
  主人に従い、余計なことは一切詮索せず、壁際の置物であるべき。
  使用人とは、煌びやかな貴族の世界を動かす、地味な一つの螺子に過ぎないのだ。

  エレインは王宮勤めを辞し、ある伯爵の許でメイドとして働いている。
  編み物をしつつ愚痴を呟くことでストレスを発散しながら、小さな家で暮らす老後を
  夢見て過ごしている。

  「メイドたるもの、常に脇役であるべし」
  けれど突然降ってきた災難は、脇役のはずの彼女までも巻き込んで――?
  平穏を求めるメイドが平穏でない日常を送る羽目になった物語。 
 

■以下感想
  西洋風恋愛もの。
  シリーズ形式の中篇が、時系列ごとに続いている感じです。
  エレインの周りの騒動がその都度完結していて、非常に読みやすいつくり。

  作中に出てくるエレインの機転がすばらしいです。
  有能なメイドさんです、彼女。これは引き抜きたくなるのもわかる。
  そして実は情熱的なんですね、エレインさん。
  ストイックな視線に秘めた情熱、たまらんです。
  あの……おねーさまとお呼びしてもよいですか

  えー(脱した線を戻しつつ)、メイドさんが貴族の陰謀に巻き込まれてしまうんですが、
  そんな中で彼女が徐々に自分の考えを変えていくプロセスが見ていて清々しい。
  一話目で彼女が出会った人物との関係も注目ですし、なによりエレインさんの
  魅力に惹きこまれました。
 
  「 貴族と使用人はまったく違う世界の住人だ」と考えているエレイン。
  一介のメイドである彼女が、最後に出した己の生き方はいかに。
 

 手にした黄色に、笑みが浮かぶ。

 「……なんだこれは」
 「それが私のお返事です」


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
いらっしゃいませ。 最終更新日>>2017.02.26
*Recent articles*
*Recent comments*
皆さまからの拍手コメ・コメントetc.の返信です。ありがたや~
*Categories*
*Profile*

藤原コウ

Author:藤原コウ
当ブログへようこそ!

*管理人*
 長らくの放置状態に戦慄を
 覚えている社会人。
 もはや忘れ去られているであろう
 拙宅ですが、歳月を経てぼちぼち
 更新していく所存。
 

*管理人へのメール*

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
*Links*
管理人おススメ、オンノベ関連サイト様。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。