スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結:狐の妻問い

完結:狐の妻問い
■作:佐藤 ひろ様
■掲載サイト:snail-paced

■story(サイト様より一部拝借) ※一部、暴力・残酷・犯罪描写あり

  「おかーえりー」
  リビングに入ったら、見知らぬ男がソファで寛いでいた。

  横川乃江は、主婦業が板についた女子高生。
  そんな彼女の家に、或る日突然居候として居ついた男――もとい、狐が一匹。

  「乃江ちゃん、俺のお嫁さんになって!」
  「ぬかせ!」
  逞しい女子高生と元山神の、愛と拳のめくるめく日々。


■以下感想
  女子高生と妖たちが織り成す、現代FT。

  乃江ちゃんが逞しい。妖やら神やら相手に、啖呵切って拳振るって駆け引きかます彼女は
  作品中最強(最凶?いや最恐?)と思われます。神様、っつーかむしろ乃江様
  人ならざるものを惹きつけてしまう魅力を持つ、乃江。
  そんな彼女の周りには、狐の白夜初め、あらゆる妖が集まってきます。
  集う輩は伝説級の大物ばかりのはずなのに、蓋を開けてみれば何故か『乃江様とその取巻きの面々』
  にしか見えないという不思議。まあ不思議!
  彼らが送る、愛と執着とバイオレンス(……笑)な物語です。

  全体にコメディの要素が強く明るい雰囲気なんですが、主軸にある乃江と白夜の恋には、
  どこか切ないものがありました(けっして悲しい結末ではないんですが)。
  やっぱり人とそうではないものの交流だからでしょうか。
  これ、白夜の視点からだとすごくせつない物語だろうなあ、と思います。
  長い長い彷徨の果てに見つけた、たった一つの恋。
  ずーっとずーっとコメディ路線で読んできて、最後の最後に泣かされた。
  ラスト二題で、管理人の中で作品イメージが大きく変わった物語です。
  (49題目の最後の文と、白夜の最後の台詞に管理人の涙腺は崩壊した……!)


 「びゃ、びゃくやは……」
 「お黙り。――アンタもああなりたいの?」
 「ひっ、ごめんなさい……」
 
 それは狂おしく、イトオシイ日々。



※2013.05.13
閉鎖されたのを確認いたしました。
とても悲しいですが、素敵な物語に出会えました
ことを心より感謝いたします。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
いらっしゃいませ。 最終更新日>>2017.02.26
*Recent articles*
*Recent comments*
皆さまからの拍手コメ・コメントetc.の返信です。ありがたや~
*Categories*
*Profile*

藤原コウ

Author:藤原コウ
当ブログへようこそ!

*管理人*
 長らくの放置状態に戦慄を
 覚えている社会人。
 もはや忘れ去られているであろう
 拙宅ですが、歳月を経てぼちぼち
 更新していく所存。
 

*管理人へのメール*

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
*Links*
管理人おススメ、オンノベ関連サイト様。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。